12月 28

TOEIC講座 by 日本人講師

今TOEICを日本人講師に習うメリット

予想以上に大きな効果


 TOEICを日本人の先生に習最大のメリットは、日本語で説明してもらえるので、細部まで理解できることが多いという点です。特にTOEICで400点~750点くらいの人、また、800点台であっても、一部に不得意分野、例えば文法に難があるという人にとっては、日本人講師に教えてもらうというのは、大きな安心感があります。ネイティブの先生が全くダメというわけではありませんが、母国語を教えるというのは、あくまでも「そう言うから」とか 「そうなっているから」という説明になってしまいがちで、日本人がなぜそこにひっかかっているのかについて、日本人の立場になって、感じることはなかなかできません。その点、日本人講師の場合は、同じ日本人として、わからないことを分かち合うことができます。これは習う側にとっては大きい。わからない点は、まず日本語で説明してほしいというのは、多くの日本人がまだまだ気づけていない点です。

TOEICスクール 日本人講師


TOEICの文法だけを日本人に習えばいいのか


よく勘違いされるのが、文法だけは日本人講師が教えるのが良いという誤解です。そんなことはありません。リスニングも高得点の方を除き日本人講師に教えてもらうメリットのほうが大きいと言えるでしょう。日本人にとって、英語の音のつながりを即解するのは大変なことです。どこが聞こえないのか、どうしてそのような音のつながりになってしまうのか、その点を同じ苦労をしてきた日本人講師に教えてもらうことで日本人の学習者は、納得がいくことが多くなります。単語についても同じです。ある単語が分からないのに、その単語を英語で説明されてわかりますか? それはかなりのハイレベルな人です。丁寧に日本人講師に単語の意味を教えてもらうほうが、よほど効率的です。単語を別の単語でネイティブに説明してもらうのは、高スコアーを取ってからにしましょう。


日本人講師ならだれでもいいのか


TOEICを教えている日本人講師も、その英語のバックグラウンドは様々です。 大事な点は、その講師の方が、日本人として苦労して英語を身につけたのか、 それとも自然に英語を身につけられる環境に育っていたのか、ということです。 いわずもがな、英語習得には、幼児期からの言語環境が大きく影響します。 日本人の大半は、海外で小中学校をネイティブの子供と過ごしたわけではないですし、インターナショナルスクールに行っていたわけでもありませんね。英語を自ら進んで学習して身につけた日本人と自然に身についてしまった日本人とでは、教え方、考え方は、おのずと違ってきます。もしあなたが、日本に生まれ、日本語をメインとした環境で育ち、大人になって改めて英語を身につけたいなら、自分と同じ環境にいて、それでも英語を身につけてTOEICを教えるに行った人に習うのがお勧めです。その人は、どうやって英語を身につけ、例えばTOEICで満点を取るに至ったかなど、必ず一言あるはずです。そこから学び取りましょう。

 


当スクール代表 長本吉斉の書籍 Amazonにて好評発売中。
TOEIC試験対策におすすめです!

              

 

Category: TOEIC, TOEICコラム, TOEICスコアUP, TOEIC勉強法, TOEIC講座, 教室 | TOEIC講座 by 日本人講師 はコメントを受け付けていません。