12月 26

TOEIC対策=英語力アップ!? 英語力をつけるべきなのか、スコアーアップが先なのか

toeic, toeic対策,toeic学習

★TOEICなんてテクニックだ、という人がいるけれど、実際どうなの????

今回は、タイトル通り、よく言われる議論について、シェアさせてください。

よくある一説: TOEICは、英語力ウンヌンではなく、テクニックでスコアーアップできるテストである。

例えばリスニングのPart 2。このパートは、「最初の疑問詞であるWho, What, Where, Whenなどを聞き取れれば、あっという間に正解がわかるようにTOEICはできている」というものです。これは、ある意味事実です。そして、これについて「だからTOEICなんてテクニックに過ぎない」と主張する人がいます。一面で正しいです。

ただ、、ここにはちょっとした誤解と言うか、穴もあります。

「最初の疑問詞さえ聞き取れればいい」という部分です。

実は、この疑問詞を正確に聞き取れない場合も、けっこうある、のです。さらに言えば、聞き取った後でも、その答えが、様々な応答文になって聞こえてきて、その中で毎回3つの応答文の中の一つだけ正しいものを瞬時に選ばなくてはなりません。瞬時に判断して回答するというのは、英語力がなければできませんね。

よって、ここで言えるのは、極めて初歩的と言われるかもしれませんが、英語力を試されていることは事実です。つまり、英語力がないと、出だしでさえ聞き取れない場合もある、ということです。たとえば、WhenとWhereを聞き間違えてしまう人はたくさんいますし、一瞬のうっかりで、疑問詞を聞き逃してしまう人もいます。この一つの例をとっても、TOEICが英語力を試していることが、ご理解いただけるかと思います。

さらに疑問詞の中でも、How long~とWhenの違いを、なんだったっけ?と忘れてしまっている人もいます。また、How oftenを知らない人もたくさんいます。

では、疑問詞が聞き取れる人は、英語力抜群なのか、と言えば、もちろんそんなことはありませんね。そこから先、レベルが上がるにつれて、答え方に微妙な変化を加えて、正解にできる問題とできない問題は、どんどん細分化されます。こういった微細な差の積み重ねが、結果として大きなスコアーの差になるのがTOEICというテストです。結果、簡単に思える問題がたくさんあるにもかかわらず、高得点は意外と難しいということになります。

よって、「TOEICはテクニックである」という考え方は、裏に「TOEICなんて、英語力のテストじゃない」という意味合いが含まれていますが、そうはいっても、やはり英語がある程度わかっていないと、解けない問題がたくさんあり、日ごろからの英語力をつけようと努力することは大切、という結論になります。

TOEIC,TOEICスクール,TOEIC対策,TOEIC学習

そもそも英語のテストの勉強をしているのに、英語の勉強をしていない、ということは、現実的にはあり得ません。TOEICのために、よく出る表現や単語を覚えることは、立派な英語学習ですし、TOEICは、最大公約数の人の英語力を測ろうとするものですから、その対策をすることが、英語力アップにつながることは否定できません。

TOEICのスコアーアップを考える時、どんなテストにも、そのテスト特有の形式や傾向がありますから、無駄な努力をするよりも最短で目標点に達するのが、「テスト対策」なのですし、そこから英語力がアップすることは確実なのですから、人生の一時期にTOEIC対策に燃えるのは、全く無駄ではありません。


当スクール代表 長本吉斉の書籍 Amazonにて好評発売中。

TOEIC試験対策におすすめです!

      


【関連記事】

AREはこんな学校です。

AREメソッドに基づく刺激的な授業

スコアーアップだけが目的のスクールではありません

その他のご受講生の初授業感想メールは、こちら。

「その授業に笑いはありますか?」

「TOEIC学習のヒント」

「TOEIC700点の人 vs 900点の人」


総合英語メルマガ by ARE代表 長本吉斉

Category: TOEIC, TOEICコラム, TOEICスコアUP, TOEIC学習, 英語力アップ | TOEIC対策=英語力アップ!? 英語力をつけるべきなのか、スコアーアップが先なのか はコメントを受け付けていません。
11月 7

TOEICスコアー500点から一気に200~300点アップするのは、現実的に可能なのか

TOEICスコアーアップ,TOEICスクール,TOEIC学習

TOEICスクールに通う3つの異なるタイプの人のアップ過程

AREには、様々な生徒さんが来られますが、伸びる速度は、人それぞれです。

全員が一律に一気に伸びるということは、あり得ません。TOEICは、誰でも頑張れば、スコアーアップできることは事実ですが、その速度は人によりけりです

今回は、AREスクール生に見られる、3つの人種をスコアーアップタイプ別にご紹介いたします。

それでは以下、学習開始時点のスコアーが全員500点だったという仮定でお話ししてみたいと思います。AREに通われる人の多くは、スコアー的には400-650点くらいの方が多いのですが、だいたいの平均で500点の人ということにしたいと思います。

TOEICは990点満点ですから、だいたい試験を受ければ半分程度は正解にできるが、半分はミスしてしまう。そんな人たちです。あなたなら、以下のA~Cのどのタイプに当てはまりそうでしょうか

A. ロケット型の人

このタイプの人は、だいたい3-4か月で、たちまち300点くらいアップしてしまう人です。つまりTOEICで800-900点をあっという間に達成してしまいます。こういう人は、

他の類の人たちと比べ、以下の点で違いがあります。

1. 包み隠さず申し上げると、彼、彼女らのほとんどは、高学歴です。偏差値の高い学校を卒業している過去があり、英語をしばらくやっていなかっただけな場合が多いです。但し、高学歴と言っても、理系となると話は別ですが。理系の方の場合は、語学はさっぱりという方も多いので、その点は、人によります。

2. 学習好き。基本的に何かを「知る」ことにすごく興味があります。

英語は語学です。語学とは、言葉の学習ですから、そこに興味があるというのは、

ものすごく有利です。

3. モチベ旺盛。スコアーを伸ばす、英語力をつけることに対する動機がはっきりしていて、将来像が描けている。何のためにやるのか、というのが曖昧な人は要注意です。はっきりとこうしたいということを決意している人は強いです。

4. 素直
斜に構えない。言われたことを素直に受け止める度量があります。こういう人の場合は、英語学習を習慣化するといったような意識は不要です。習慣化するまでもなく、自分でどんどん進めるためです。

TOEICスクール,TOEIC学校生徒,TOEICスコアーアップ

 

B. カメさん型の人

このタイプの人は、コツコツと努力できる真面目な人に多いです。但し、元々英語にはそんなに興味のあるほうではなかった、とか、英語が正直、苦手な方も多いです。

が、気持ち的にはTOEICのスコアーはきちんととっておきたい。いつなんどき必要になるかわからないから、と思っている人たちです。

このタイプの人は、タイプAの人ほど、グイグイいくわけではなく、一定のペースを保って学習を続けるタイプです。200-300点アップには、ある程度の期間がかかりますが、一度覚えたことはしっかり記憶するタイプなので、そのあとスコアー崩れを起こすことは少ない人たちです。

短期でマスターしたものは、短期で頭の中から消えてしまいますので、AREでは、大事なことは手を変え品を変えて、徹底的に頭にこびりつくように繰り返し指導しています。

 C.  マウント型の人

このタイプの人は、TOEICなんてコツさえつかめば2か月くらいで200点アップくらい軽いだろうと、高をくくっていた人たちです。この類の人は実際に学習を始めると、いかに自分が知らなかったこと、完全に忘却の彼方にあったことがたくさんあることに気づき、唖然とします。もちろん100点くらいは普通に勉強すればアップできてしまうのがTOEICというテストですが、200-300点アップとなると、話が違ってきます。

学習過程の途中で、まだまだ努力が足りない、知識のインプット、アウトプットが足りないことに気づくのが、このマウント型の人です。気づいてからは、タイプAやBに移行します。

今やTOEICで800点以上はとっていないと、転職などではアピールはできないのが当たり前とも言われる時代になり、700点前後で止まってしまう人の多くは、早かれ遅かれ、学習量がまだまだ足りないことに気づかされます。AREは、まだまだ努力が足りませんよ、と気づかせてあげるスクールを目指しています

英語学習を目標を持って進めていると、誰でも壁にぶつかります。その時に、諦めてしまうのは、それまでの努力を考えると、とてももったいないことですので、そこで踏ん張れるためにも、最初から「甘くない」と覚悟しておいたほうが得策です。

TOEICスコアーの200-300点アップは、ごくごく普通の日本の環境に育った方で、英語の環境がなかった人にとっては、すぐに達成できるようなものではありません。

じっくり取り組む覚悟でスタートしましょう。

 


当スクール代表 長本吉斉の書籍 Amazonにて好評発売中。

TOEIC試験対策におすすめです!

      


【関連記事】

AREはこんな学校です。

AREメソッドに基づく刺激的な授業

スコアーアップだけが目的のスクールではありません

その他のご受講生の初授業感想メールは、こちら。

「その授業に笑いはありますか?」

「TOEIC学習のヒント」

「TOEIC700点の人 vs 900点の人」


総合英語メルマガ by ARE代表 長本吉斉

Category: TOEIC, TOEICコラム, TOEIC勉強法, TOEIC学習, TOEIC講座, スクール生, 教室, 英語力アップ | TOEICスコアー500点から一気に200~300点アップするのは、現実的に可能なのか はコメントを受け付けていません。