2月 20

TOEICに出てくる助動詞問題ってどんな問題なの?どういうふうに覚えておけばいいの?

 

TOEIC 前置詞

★TOEICでは、純粋な文法問題として助動詞が出題されるということは少ない。

結論から言うと、TOEICのスコアーアップにおいては、助動詞の重要度はかなり低めです。しかしそれは、助動詞を知っておくことが、重要ではない、という意味ではありません。基本項目として、助動詞の各働きについて知っておくことは大事です。

が、助動詞がPart 5や6に直接的に問題として出されることは少ないです。よって、TOEIC対策として助動詞を詳しく学ぶことは、大事ではないとは言いませんが、スコアーアップにはそれほど影響しないということは知っておいて損はないでしょう。

したがって、助動詞を詳しく学んでも、それは英語の基礎勉強をしている
と考えてください。

確かにこの本でも助動詞を扱っていますが、あくまでもTOEICに即した形でさらっと扱っている程度です。その辺をご理解ください。

ではTOEICに稀にでも出るとすれば、どんなふうに出るのか。それは助動詞の第一原則である「助動詞の後ろは、基本的には動詞の原形がくる」ということがわかっているかどうかを試す程度の問題です。まさに基礎。

たとえば、まずこんなセンテンスをみてください。はじめは敢えて簡単なセンテンスにします。

I will attend the meeting this afternoon.(私は今日の午後に会議に出席する予定です)

ここに原則、見えますね。「助動詞+原形動詞」です。will + attend。これがもしwill attendsだったら×ですね。こんな当たり前の問題が稀に出ることがあります。ただ、それでもそんな程度。助動詞には、もう少し高度な使い方ももちろんありますが、それらは出題されません。

たとえば、You should have attended the party last night.
should have+過去分詞。これは、「昨日のパーティーに出ればよかったじゃん」という意味です。相手の過去の行いに対する話者の気持ちを表すわけです。

が、こういった文が文法問題に出るということはありません。リスニング問題の中の会話文で聞こえてくることがあるかもしれませんが、それでも少ない。仮にこのshould have+過去分詞という表現が、例えば、Part 3やPart 4の問題のほうの選択肢の中に入っていたとしても(それも稀ですが)、それが正解ということは、まずありません。

よって、助動詞を詳しく解説してくれるTOEIC対策の教材があったとしても、それは英語力強化という意味の助動詞講座であって、TOEICスコアーアップに直接的にはそれほど関わらないつもりで学ばなくてはなりません。

では、改めて助動詞って何でしょう。それは読んで字のごとく、動詞を助ける動詞です。言い換えれば、動詞に少しだけ意味を加えて話者の気持ちを表すための単語群を言います。

具体的には、will, would, should, can ,could, may, might,must, shallです。
これらにはもちろんそれぞれ意味がありますが、繰り返しになりますが、これらの意味を分かっていなければ解けない問題が文法問題として出るわけではありません。

では、実際にはどんなふうに出るのか。AREのオリジナル問題から一問載せてみます。

Many economists believe that the manufacturing
industry could ——- from its enduring slowdown.

(A) recovery
(B) recovers
(C) recovering
(D) recover

こういうのを3秒で解決する問題と言うわけです。選択肢を見たら、Aから順に、(A) 名詞、(B)動詞にsが付いた形、(C) 動詞のing形、(D)動詞の原形です。答えは、簡単ですね。正解は(D) recoverです。前が助動詞なのだから、後ろは原形動詞。それだけです。この時にcouldの意味なんて、知っている必要はありません。couldが、過去に~できた、とか、現在のちょっとした可能性を示していて、「もしかして~」とか、丁寧な依頼のcouldとか(笑)。そんなの全て問題には関わってきません。これがTOEICの問題なのです。ちなみにrecoverは「回復する」という大事な動詞の一つではありますが。

今回は、TOEIC対策としての助動詞学習にちょっとしたスパイスを加えたく、書いてみました。頭の片隅に入れておいていただければ幸いです。


当スクール代表 長本吉斉の書籍 Amazonにて好評発売中。

TOEIC試験対策におすすめです!

              


【関連記事】


総合英語メルマガ by ARE代表 長本吉斉
基礎英語~TOEIC~TOEICのその先へ
学習法(勉強法)、問題演習、編集後記 etc 本気の方対象のメルマガばく進中!
TOEIC400点~TOEIC750点の方対象  *基本無料
ご希望の方は、プライバシーポリシーをご確認のうえ、ご登録申請をされたい E-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。
*TOEIC新形式対応音声解説教材好評発売中!


  

TOEFL・TOEIC特化型スクールARE
電話:東京 (03)-6454-0779
住所:〒164-0003 東京都中野区東中野3-8-13 ドーンビル8F
(JR中央線・総武線・都営地下鉄大江戸線からもアクセス便利。東中野駅徒歩1分。)

AREは、あなたのTOEIC・TOEFLのスコアアップのお手伝いと
一生使える英語の勉強法を伝授します。

Category: TOEIC, TOEIC 問題, TOEIC 文法, TOEIC勉強法, 改訂版 TOEIC TEST文法急所総攻撃, 英語力アップ | TOEICに出てくる助動詞問題ってどんな問題なの?どういうふうに覚えておけばいいの? はコメントを受け付けていません。
2月 9

TOEIC Part 5 問題 実践編

TOEICに必ず出るPart 5の前置詞問題

TOEICの前置詞問題の基本は空所の前後関係で判断する

今回は、前置詞に関する問題を扱ってみたいと思います。さっそく取り組んでみましょう。ほんのちょっとだけ時間をくださいね。

制限時間は、以下を参考にしてください。

1. TOEICで700点以上の方は一問15秒で
2. 500-695点の方は、一問20秒で
3. 495点以下の方は一問30秒で

がんばりましょう。

1.
The company code requires that regular inhouse
inspections ——- equipment be thoroughly
implemented.

(A) off
(B) due to
(C) when
(D) of

2.
The Community Dental Clinic offers low cost
service ——- those in need of basic dental care.

(A) to
(B) at
(C) during
(D) if

3.
Professor Kita lectured that every student should read
AI Future ——- Dr. Ken Levinson.

(A) as
(B) during
(C) by
(D) under

———————————————————————————————

【各問題の解答と解説】

もう一度問題を載せていきますね。

1.
The company code requires that regular inhouse
inspections ——- equipment be thoroughly
implemented.

(A) off
(B) due to
(C) when
(D) of

今回の問題は、全て文脈で判断して前置詞を決めるという類のTOEIC問題でした。読んだ瞬間に、これだ!と決めて次の問題にいかないといけません。最初のこの問題は、TOEIC300点レベルの問題でした。単語を知らないと全然できませんが、なんとなくでも理解できればOKです。

本文の空所の前後を見ての関係を1秒で理解したいところ。inspectionとは検査のこと。equipmentとは設備、装備品のこと。つまり日本語で考えてもわかってしまう「設備の検査」ですから、正解は(D) ofということになります。正確に言えば、このofは、目的を表しています。equipmentをinspectionするのですから。

意味:会社の規定では定期的な装備検査の徹底が決められている。
単語:code(きまり、規則) require(必須とする)regular(定期的な)
inhouse(社内の) thoroughly(徹底的な)implement(実行する)

■他の誤答選択肢もさらっとおさらい

(A) offは、「離れて」という意味の副詞と覚えておきましょう。副詞ですから
基本的には動詞と一緒に使います。

Please keep your hands off —– 手を近づけないでくださいね。

(B) due toは、「-が原因で」を表す前置詞句です。
Due to bad weather, the company picnic has been postponed.
(悪天候のため会社のピクニックは延期された)

(C) whenは、接続詞と覚えましょう。なめてはいけません。この接続詞の
次には節(S+V)がくると覚えましょう。
When you become a regular at this club, you will be the champion.
(このクラブの常連になったら、お前はチャンピオンになれるぞ)

——————————————————————————–

2.
The Community Dental Clinic offers low cost
service ——- those in need of basic dental care.

(A) to
(B) at
(C) during
(D) if

これまたメチャ簡単な問題でしたね。どこで判断するかと言うと動詞のoffer
以下で判断します。offerは「提供する」ですから、誰かに提供するという意味で正解は(A) toになります。thoseが分からなかった人がいるかもしれません。これは「(特定の条件を持った)人たち、人々」を意味します。TOEICお得意の単語の一つです。その条件は、thoseの後ろにつくのが常です。今回の場合はin need of basic dental careですから「基本的な歯のケアーが必要な人々」ということになります。

で、offerに戻ると、つまりofferは、offer+モノ/コト+to+人」という形になることが多いということです。ここを文脈で5秒で判断して正解にしたい問題でした。

ちなみにofferというのは、別の形も取れること、知っていますか?それは、offer+人+モノ:コトという形です。

例)The company offered me a position of market analysis.
(その会社は、私に市場分析のポジションをやらないかと打診してきた)

こう考えるとofferって訳が難しいですね。「提供する」だけで覚えてはいけない単語です。相手に選択権を与えて提案する、やってみませんか、ほしいですか?、と相手の意向を伺うのが原義です。

意味: Community Dental Clinicは、基本的な歯のケアーが必要な方に低費用なサービスを提供しています。

単語:   in need of~(~が必要な)

■他の誤答選択肢もさらっとおさらい

(B) atは、とりあえず基本の3つだけ覚えておきましょう。基本的には「点」を意識した前置詞です。

1. ~をめがけて、というニュアンスを持つ
Look at this design(このデザインを見て)

2.  場所としての、「~で、のところで」
Let’s talk at the company cafeteria downstairs.
(下の階の会社のカフェテリアで話そう)

3.   The meeting began at 3 P.M. sharp.
(その会議は午後3時ちょうどの始まった)

(C) duringは、特定の期間を表す前置詞です。
I met so many people during my business trip to Shanghai.
(上海への出張中、たくさんの人に会った)

(D) ifは、大事な大事な接続詞です。後ろの節(S+V)がきます。
意味は二つありあります。一つは自ずと知れた、「もし~なら」。もう一つは、他動詞の目的語としての節になって、「かどうか」です。例を示しておきますね。

・もし~、という意味の場合
If Mary joins  the party, I want too
(もしメアリーがパーティーに来るなら私も参加したい)

I don’t know if Mary wants to join the party.
(メアリーがパーティーに参加したいかどうかわからない)

———————————————————————————————

3.
Professor Kita lectured that every student should read
AI Future ——- Dr. Ken Levinson.

(A) as
(B) during
(C) by
(D) under

AI Futureがイタリック体になっている。この意味わかりますね?TOEICでは、作品名は基本的にイタリック体で表記されます。そして空所の後ろには人の名前がある。作者と推測できます。つまりこの人、Dr. Ken Levinsonによる作品がAI Futureというわけなので、正解は「~による」を示す(C) byになります。これも前後関係でわかってしまうTOEICの典型的な前置詞問題でした。

意味:Kita教授は、全ての生徒がDr. Ken LevinsonのAI Futureを
読むといいと講義で言いました。

単語:   lecture(講義する、説明する)should(~するといい)

■他の誤答選択肢もさらっとおさらい

(A) asは、ここでは基本の3つだけにしておきますね。

1. 「~として」という前置詞の意味。後ろには役目を意味する名詞がきます。

I will attend the conference as representative of our company.
(うちの会社の代表としてその会議に参加する予定です)

2. 「~につれて、~に伴い」という比例のas
As many companies moves out of the Akifing area, rents for offiice buildings decline.
(多くの会社がから移転するにつれて、オフィスビルの賃料も下がっている)

3. 軽い理由としてのas
As we have gotten more customers, we should start thinking about
moving to a larger space.
(よりたくさんの客が付くようになったのだから、より広い場所に移転することも考えないと)

(B) duringは、2番でやりましたね。参照ください。

(D) underは、意外に大事な前置詞です。主な意味は3つです。

1. 物理的な位置として、「~の下に」。
underは、上にある何かに覆われていて、隠れているというニュアンスがある前置詞です。

We stayed under a big tree for a while.
(我々はしばらくの間、大きな木の下に留まりました)

2. 時間や年齢にかかわるunderです。
When she quit the company, she was little under 50.
(彼女が退職した時、彼女は50才少し手前だった)

3. 現在なにかが進行中であるという場合のunder
A new station is under construction.
(新駅が建設中です)

今回は前置詞の問題を扱ってみました。TOEICでは毎回出題されるのが前置詞問題です。

何度も読み直して、頭にこびりつけてくださいね。


当スクール代表 長本吉斉の書籍 Amazonにて好評発売中。

TOEIC試験対策におすすめです!
              


【関連記事】


総合英語メルマガ by ARE代表 長本吉斉
基礎英語~TOEIC~TOEICのその先へ
学習法(勉強法)、問題演習、編集後記 etc 本気の方対象のメルマガばく進中!
TOEIC400点~TOEIC750点の方対象  *基本無料
ご希望の方は、プライバシーポリシーをご確認のうえ、ご登録申請をされたい E-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。
*TOEIC新形式対応音声解説教材好評発売中!


  

TOEFL・TOEIC特化型スクールARE
電話:東京 (03)-6454-0779
住所:〒164-0003 東京都中野区東中野3-8-13 ドーンビル8F
(JR中央線・総武線・都営地下鉄大江戸線からもアクセス便利。東中野駅徒歩1分。)

AREは、あなたのTOEIC・TOEFLのスコアアップのお手伝いと
一生使える英語の勉強法を伝授します。

Category: TOEIC, TOEIC 問題, TOEIC 英単語 | TOEIC Part 5 問題 実践編 はコメントを受け付けていません。
2月 5

TOEICで500点て、どういうスコアーなの?

公開テストの平均点より約80点低いスコアーである500点から考えられること、知っておきたいこと

TOEIC500点てどんな?

今回の目次は以下です。

1. TOEICの500点の客観的な位置
2. TOEICの500点でもいいという会社
3. TOEICの500点で就職・転職で評価される?
4. そのTOEIC500点てどういう500点?

1. TOEICの500点の客観的な位置

以下に最新の公開テストの平均スコアーをお見せします。

過去10回のTOEIC平均点

回数

Listening Reading

Totalスコア

第236回

321.2点 261.7点

582.8点

第235回

325.6点 260.9点

586.5点

第234回

333.2点 266.3点

599.5点

第233回

316.6点 254.9点

571.5点

第232回

322.5点 253.6点

576.1点

第231回

319.8点 259点

578.8点

第230回

317.9点 261.5点

579.4点

第229回

314.8点 261.1点

575.8点

第228回

315.1点 254.1点

569.2点

第227回

327点 262.3点

589.3点

この表から過去10回の平均を取ると580点になります。ということは、もし500点を取れたとすると、平均よりも80点程度低いということになります。つまり、500点というスコアーは、かなり低いと言わざるを得ないでしょう。これで英語で仕事ができるレベルかと言うと、世間一般的な基準で言えば、無理ゲーということになります。

2. TOEICの500点でもいいという会社

が、世の中広く、会社にTOEICを受けている姿、記録さえ見せれば十分という会社もあります。英語は実質的に使う機会などほとんどなく、形だけ英語やってますというのを見せればいいという会社は結構あります。そんな、ある意味ラッキーな?会社に勤めている人の場合は、500点であっても「おースゲーじゃん」なんて言われることもあるのです。多くどんな?の人にとって500点であれば、それは自力でとれるスコアーですから、わざわざTOEIC対策スクールに通う必要はありません。

TOEICには、合格点があるわけではなく、それはあくまでもTOEICを実施、活用する各団体、組織に任せられているので、500点が仮に平均点よりもかなり低くても、それでいいよ、という場合もあることは頭に入れておきましょう。

3. TOEICの500点で就職・転職で評価される?

では、実際にあなたがTOEICで500点で、これから就職活動をしたり、転職を考えていたり、また、社内で英語を使った部門に異動したい、または英語を将来的に使うかもしれないという環境にいた場合、500点はどうか。もう言わずもがなですね。あまりにも低いのです。このスコアーで、上から評価されるということは、まずありません。

評価されるということは、人と比べてよい意味で目立つということであり、500点というのは、反対の意味で目立ってしまうスコアーです。

4. その500点てどういう500点?
さらに考えておきたいのは、もしあなたがTOEICで500点だとして、これは他のスコアー帯にも言えることなのですが、その500点て、全力でやっての結果なのか、それとも適当にやっての500点なのか、ということがあります。

この点には注意が必要です。元々英語の素養のある人が、しばらく英語から離れていて
適当な気持ちでTOEICを受けたら500点だった場合は、その人は、その後
200-300点くらいアップできるポテンシャルがあると考えて構いません。始めが低ければ低いほど、あとから大きくアップして、やったぜと吹聴することもできます(笑)。

一方で、本当に英語が苦手な人で、一応公式問題集とかもやってみて、自分なりに準備対策はしたつもりなんだけど、それでも500点だったという場合、こういう人は英語力アップは、巷で言われているほど、簡単かつ短期では達成できません。残念ながらこれが現実です。

悲しいことに、この点を指摘してくれるスクールは、ほぼ皆無です。ほとんどのTOEICスクールでは、「どんな人でもあっという間に200点アップ」のように謳ってしまっています。

そこで大事なのが、自己分析です。どんなに他人のスコアーアップの軌跡を読んでも、それが自分にぴったり当てはまるわけではありません。自分が分かっているのは究極自分だけ。その500点は簡単だったのか、そうでなかったのか。また自分は今から対策してどこまでいける自信があるのか。その辺の自己分析を考えて対策を始めましょう。

 


当スクール代表 長本吉斉の書籍 Amazonにて好評発売中。

TOEIC試験対策におすすめです!
              


【関連記事】


総合英語メルマガ by ARE代表 長本吉斉
基礎英語~TOEIC~TOEICのその先へ
学習法(勉強法)、問題演習、編集後記 etc 本気の方対象のメルマガばく進中!
TOEIC400点~TOEIC750点の方対象  *基本無料
ご希望の方は、プライバシーポリシーをご確認のうえ、ご登録申請をされたい E-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。
*TOEIC新形式対応音声解説教材好評発売中!


  

TOEFL・TOEIC特化型スクールARE
電話:東京 (03)-6454-0779
住所:〒164-0003 東京都中野区東中野3-8-13 ドーンビル8F
(JR中央線・総武線・都営地下鉄大江戸線からもアクセス便利。東中野駅徒歩1分。)

AREは、あなたのTOEIC・TOEFLのスコアアップのお手伝いと
一生使える英語の勉強法を伝授します。

Category: TOEIC, TOEIC公開テスト, TOEIC対策スクール, TOEIC独学, 英語力アップ | TOEICで500点て、どういうスコアーなの? はコメントを受け付けていません。