2月 9

TOEIC Part 5 問題 実践編

TOEICに必ず出るPart 5の前置詞問題

TOEICの前置詞問題の基本は空所の前後関係で判断する

今回は、前置詞に関する問題を扱ってみたいと思います。さっそく取り組んでみましょう。ほんのちょっとだけ時間をくださいね。

制限時間は、以下を参考にしてください。

1. TOEICで700点以上の方は一問15秒で
2. 500-695点の方は、一問20秒で
3. 495点以下の方は一問30秒で

がんばりましょう。

1.
The company code requires that regular inhouse
inspections ——- equipment be thoroughly
implemented.

(A) off
(B) due to
(C) when
(D) of

2.
The Community Dental Clinic offers low cost
service ——- those in need of basic dental care.

(A) to
(B) at
(C) during
(D) if

3.
Professor Kita lectured that every student should read
AI Future ——- Dr. Ken Levinson.

(A) as
(B) during
(C) by
(D) under

———————————————————————————————

【各問題の解答と解説】

もう一度問題を載せていきますね。

1.
The company code requires that regular inhouse
inspections ——- equipment be thoroughly
implemented.

(A) off
(B) due to
(C) when
(D) of

今回の問題は、全て文脈で判断して前置詞を決めるという類のTOEIC問題でした。読んだ瞬間に、これだ!と決めて次の問題にいかないといけません。最初のこの問題は、TOEIC300点レベルの問題でした。単語を知らないと全然できませんが、なんとなくでも理解できればOKです。

本文の空所の前後を見ての関係を1秒で理解したいところ。inspectionとは検査のこと。equipmentとは設備、装備品のこと。つまり日本語で考えてもわかってしまう「設備の検査」ですから、正解は(D) ofということになります。正確に言えば、このofは、目的を表しています。equipmentをinspectionするのですから。

意味:会社の規定では定期的な装備検査の徹底が決められている。
単語:code(きまり、規則) require(必須とする)regular(定期的な)
inhouse(社内の) thoroughly(徹底的な)implement(実行する)

■他の誤答選択肢もさらっとおさらい

(A) offは、「離れて」という意味の副詞と覚えておきましょう。副詞ですから
基本的には動詞と一緒に使います。

Please keep your hands off —– 手を近づけないでくださいね。

(B) due toは、「-が原因で」を表す前置詞句です。
Due to bad weather, the company picnic has been postponed.
(悪天候のため会社のピクニックは延期された)

(C) whenは、接続詞と覚えましょう。なめてはいけません。この接続詞の
次には節(S+V)がくると覚えましょう。
When you become a regular at this club, you will be the champion.
(このクラブの常連になったら、お前はチャンピオンになれるぞ)

——————————————————————————–

2.
The Community Dental Clinic offers low cost
service ——- those in need of basic dental care.

(A) to
(B) at
(C) during
(D) if

これまたメチャ簡単な問題でしたね。どこで判断するかと言うと動詞のoffer
以下で判断します。offerは「提供する」ですから、誰かに提供するという意味で正解は(A) toになります。thoseが分からなかった人がいるかもしれません。これは「(特定の条件を持った)人たち、人々」を意味します。TOEICお得意の単語の一つです。その条件は、thoseの後ろにつくのが常です。今回の場合はin need of basic dental careですから「基本的な歯のケアーが必要な人々」ということになります。

で、offerに戻ると、つまりofferは、offer+モノ/コト+to+人」という形になることが多いということです。ここを文脈で5秒で判断して正解にしたい問題でした。

ちなみにofferというのは、別の形も取れること、知っていますか?それは、offer+人+モノ:コトという形です。

例)The company offered me a position of market analysis.
(その会社は、私に市場分析のポジションをやらないかと打診してきた)

こう考えるとofferって訳が難しいですね。「提供する」だけで覚えてはいけない単語です。相手に選択権を与えて提案する、やってみませんか、ほしいですか?、と相手の意向を伺うのが原義です。

意味: Community Dental Clinicは、基本的な歯のケアーが必要な方に低費用なサービスを提供しています。

単語:   in need of~(~が必要な)

■他の誤答選択肢もさらっとおさらい

(B) atは、とりあえず基本の3つだけ覚えておきましょう。基本的には「点」を意識した前置詞です。

1. ~をめがけて、というニュアンスを持つ
Look at this design(このデザインを見て)

2.  場所としての、「~で、のところで」
Let’s talk at the company cafeteria downstairs.
(下の階の会社のカフェテリアで話そう)

3.   The meeting began at 3 P.M. sharp.
(その会議は午後3時ちょうどの始まった)

(C) duringは、特定の期間を表す前置詞です。
I met so many people during my business trip to Shanghai.
(上海への出張中、たくさんの人に会った)

(D) ifは、大事な大事な接続詞です。後ろの節(S+V)がきます。
意味は二つありあります。一つは自ずと知れた、「もし~なら」。もう一つは、他動詞の目的語としての節になって、「かどうか」です。例を示しておきますね。

・もし~、という意味の場合
If Mary joins  the party, I want too
(もしメアリーがパーティーに来るなら私も参加したい)

I don’t know if Mary wants to join the party.
(メアリーがパーティーに参加したいかどうかわからない)

———————————————————————————————

3.
Professor Kita lectured that every student should read
AI Future ——- Dr. Ken Levinson.

(A) as
(B) during
(C) by
(D) under

AI Futureがイタリック体になっている。この意味わかりますね?TOEICでは、作品名は基本的にイタリック体で表記されます。そして空所の後ろには人の名前がある。作者と推測できます。つまりこの人、Dr. Ken Levinsonによる作品がAI Futureというわけなので、正解は「~による」を示す(C) byになります。これも前後関係でわかってしまうTOEICの典型的な前置詞問題でした。

意味:Kita教授は、全ての生徒がDr. Ken LevinsonのAI Futureを
読むといいと講義で言いました。

単語:   lecture(講義する、説明する)should(~するといい)

■他の誤答選択肢もさらっとおさらい

(A) asは、ここでは基本の3つだけにしておきますね。

1. 「~として」という前置詞の意味。後ろには役目を意味する名詞がきます。

I will attend the conference as representative of our company.
(うちの会社の代表としてその会議に参加する予定です)

2. 「~につれて、~に伴い」という比例のas
As many companies moves out of the Akifing area, rents for offiice buildings decline.
(多くの会社がから移転するにつれて、オフィスビルの賃料も下がっている)

3. 軽い理由としてのas
As we have gotten more customers, we should start thinking about
moving to a larger space.
(よりたくさんの客が付くようになったのだから、より広い場所に移転することも考えないと)

(B) duringは、2番でやりましたね。参照ください。

(D) underは、意外に大事な前置詞です。主な意味は3つです。

1. 物理的な位置として、「~の下に」。
underは、上にある何かに覆われていて、隠れているというニュアンスがある前置詞です。

We stayed under a big tree for a while.
(我々はしばらくの間、大きな木の下に留まりました)

2. 時間や年齢にかかわるunderです。
When she quit the company, she was little under 50.
(彼女が退職した時、彼女は50才少し手前だった)

3. 現在なにかが進行中であるという場合のunder
A new station is under construction.
(新駅が建設中です)

今回は前置詞の問題を扱ってみました。TOEICでは毎回出題されるのが前置詞問題です。

何度も読み直して、頭にこびりつけてくださいね。


当スクール代表 長本吉斉の書籍 Amazonにて好評発売中。

TOEIC試験対策におすすめです!
              


【関連記事】


総合英語メルマガ by ARE代表 長本吉斉
基礎英語~TOEIC~TOEICのその先へ
学習法(勉強法)、問題演習、編集後記 etc 本気の方対象のメルマガばく進中!
TOEIC400点~TOEIC750点の方対象  *基本無料
ご希望の方は、プライバシーポリシーをご確認のうえ、ご登録申請をされたい E-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。
*TOEIC新形式対応音声解説教材好評発売中!


  

TOEFL・TOEIC特化型スクールARE
電話:東京 (03)-6454-0779
住所:〒164-0003 東京都中野区東中野3-8-13 ドーンビル8F
(JR中央線・総武線・都営地下鉄大江戸線からもアクセス便利。東中野駅徒歩1分。)

AREは、あなたのTOEIC・TOEFLのスコアアップのお手伝いと
一生使える英語の勉強法を伝授します。

Category: TOEIC, TOEIC 問題, TOEIC 英単語 | TOEIC Part 5 問題 実践編 はコメントを受け付けていません。