5月 12

TOEIC受験対策 何回TOEICを受けるべき?

TOEIC受験,TOEIC受験回数,TOEIC勉強法,TOEIC対策,TOEICスクール,TOEIC講座


たくさん受けるのがいいのか、数回にかけるべきなのか

今回は、TOEIC対策を始める前に、最初に知っておいたほうがいいと思われる受験回数について、シェアーさせていただきますね。受験のための対策や申込方法は、いろいろなところで語られていますが、実際TOEICを何回受けるのがいいのか。人によって受けるべき回数は違いますので、大雑把でもいいので、理解しておいて損はありません。

まずTOEIC試験が行われる回数について確認しておきましょう。TOEICは公開試験としては、現在は年に10回受験できます(1・3・4・5・6・7・9・10・11・12月)。場所は全国約80都市です。その他にIPテストと言われる、学校や会社にTOEICテスト問題が送られてきて、公式テストと同じ問題を自分がある程度慣れている環境で受験できるテストもあります。ただ、IPテストは、ほぼほぼその団体の都合によって実施されるため、会社や学校によって日付が定められているため、何度も受けるというわけにはいかないのも事実です。実際には、IP設けるけど、公開試験も受けるという人が多いです。

では、TOEICは何回受けるとベストスコアーが出るものなのでしょうか?例えば、最初は腕試しとして受験し、次はちょっと本気、そして最後は全開モードで受けてベストスコアーを出す、なんていう考え方もありますね。

結論から言うと、受け方は様々です。が、今回は陥りがちなTOEIC受験の罠について、見てみましょう。

実はTOEICは何度でも受けられるということそのものが、多くの人のスコアーアップを一番邪魔しているとも言えるのです。一年にたった一度しかない試験だったらどうでしょう?人はそこに焦点を当てますね。来たるその日に合わせてだんだん焦りがまし、その分、勉強も集中しますよね。

が、TOEICは、公開試験だけでも年に10回もあります。1回失敗したら?、今回はなんか難しかったな、なんて感想を持った回はどうでしょう?「ま、次は頑張るぞ」みたいな感じになりがちなのです。あーダメだったーーー今回、みたいな

そして、この「何度受けてもいいですよ」というTOEIC地獄にはまると、まさに人は、何度でも受け続け、何度でも同じようなスコアーをゲットしてしまうのです。

そこで、目標設定が必須になります。と、言いたいところなのですが、そもそもTOEIC受験者には、目標設定する意味もない場合が多いのです。そもそも論をどんどん深めていくと、そもそもTOEICスコアーが実際にいつまでに必要かはっきりしていない人も多く、そういう類の人の場合は、以下のようなサイクルにはまります。

「いつまでに何点とはっきりした外部環境、状況にない目標は設定できるけど、期限設定の必要はそれほどないダラダラと何度も受け続ける結果、~~~~~~~、みたいなサイクルです。負のサイクルと言うべきか、緩慢なサイクルと言うべきか。生きていたらそれだけで幸せじゃん、みたいな世界です。

TOEIC受験,TOEIC受験回数,TOEIC対策,TOEIC受験者

では、どんな人が、目標設定を明確にできるかと言うと、以下の3種類です。

  1. その人が稀に見るモチベーションの高い人である場合。
    意識高い系とでも言うのでしょうか
  2. 会社や学校からニンジンをぶら下げられている場合
    ―――点取ったら、海外部門に回してあげるよ、と言われている
  3. 会社から、一定スコアーを満たさないと、~~~~~と言われている場合
    ――までに〇〇〇点を取らないと、サヨナラです。と言われている

この3つの場合が、人が一番TOEICを頑張れるケースということになります。

よって、目標設定ができますね。

1-3以外のその他大勢の場合は、願望設定はできても、実質的な目標設定ができないというジレンマに陥ってしまうのです。結果、どうなるか。スコアー停滞期が待っているわけです。

大袈裟に言わせていただくと、その人が今そこでおかれている人生状況の問題が大きくスコアーアップには影響するのです。

そこで、最初の問い、何回受けるのかに戻りますと、二つの受験回数の考え方があります。

一つは、上記の1-3に当てはまる人の場合。これを仮にグループAといたしましょう。

もう一つは、1-3以外の人の場合ですね。これをグループBとします。

■グループAの場合、実現したい欲望、またはやらねばならない状況が、今そこにあるわけですから、あとは、その期限がいつなのかによります。

半年内に〇〇〇点を達成したいのであれば、ほぼ毎回TOEICを受けて行って構わないと思います(公開試験前提の話です)。が、一年後とか2年以内の場合は、もう少し戦略が必要です。毎回受け過ぎはよくありません。変に慣れてしまい新鮮さがなくなってきます。ある程度の対策をしながら、3か月ごとくらいに受けていくほうが結果は出やすいです。その間、スコアーが戻ってくれば、自分がどこが悪いかが判断し、対策する時間も生まれます。AREに通われてくる方の多くが、この「自分の弱点意識」を明確に持っている方です。

■グループBの場合
TOEIC受験料は、バカになりませんよね。無駄遣いを控えるためにも、自分が実際に受けてみたいという気持ちが出てくるまでは、受験は控えましょう。このグループの場合には、TOEICよりも、人生の中でもっと大事なことが、最低2つはあるものです。それは、学生さんなら、学校関係のことかもしれないし、人間関係のことかもしれません。社会人の方なら、

会社の仕事のことかもしれないし、婚活かもしれないし、親の介護かもしれないし、友人知人、恋人、配偶者関係のことかもしれません。それらが、複雑に絡まっていてTOEICの対策勉強に集中できない場合は、まずそちらの整理が先かもしれません。もし同時並行で進めたいのであれば、かなり長期的に見て、少しずつ対策するという心構えのほうが現実的です。いきなり「~~点取れ」と言われる日が来ないとも限らないわけですし。AREには、こんなタイプの生徒さんもいらっしゃいます。

あなたはいかがですか?


当スクール代表 長本吉斉の書籍 Amazonにて好評発売中。

TOEIC試験対策におすすめです!

      


【関連記事】

AREはこんな学校です。

AREメソッドに基づく刺激的な授業

スコアーアップだけが目的のスクールではありません

その他のご受講生の初授業感想メールは、こちら。

「その授業に笑いはありますか?」

「TOEIC学習のヒント」

「TOEIC700点の人 vs 900点の人」


総合英語メルマガ by ARE代表 長本吉斉

基礎英語~TOEIC~TOEICのその先へ

学習法(勉強法)、問題演習、編集後記 etc 本気の方対象のメルマガばく進中!

TOEIC400点~TOEIC750点の方対象  *基本無料

ご希望の方は、プライバシーポリシーをご確認のうえ、ご登録申請をされたい E-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。

*TOEIC新形式対応音声解説教材好評発売中!


TOEFL・TOEIC特化型スクールARE

電話:東京 (03)-6454-0779

住所:〒164-0003 東京都中野区東中野3-8-13 ドーンビル8F

(JR中央線・総武線・都営地下鉄大江戸線からもアクセス便利。東中野駅徒歩1分。)

AREは、あなたのTOEIC・TOEFLのスコアアップのお手伝いと

一生使える英語の勉強法を伝授します。

Category: TOEIC, TOEICコラム, TOEICセミナー, TOEIC公開テスト, TOEIC勉強法, TOEIC対策スクール | TOEIC受験対策 何回TOEICを受けるべき? はコメントを受け付けていません。