11月 21

新しく入校いただいたスクール生より授業感想メールいただきました

だんだんと季節も冬芽いてきましたね。
こちら東京・中野区東中野のAREでは、今日もお仕事後にTOEIC対策の授業を受講されて、スコアアップを目指して頑張っているご受講生がいらっしゃいます。

さて、そんな中、お一人のご受講スタートされて間もないスクール生より、AREの授業を受けられてみてどうだったか感想を伺いましたところ、とても嬉しく、有り難いお言葉を頂けましたので、皆様にご紹介させていただきます。

授業の感想としましては、教室の雰囲気がとても良く、これから意欲的に勉強に取り組めそうだと感じました。

周囲に気を使う事なく授業中でも気軽に質問できるので、分からない事もすぐに解決できることも非常に助かります。

ぜひ、AREで一生使える英語の勉強法をマスターされて、英語の基礎力をたくさんつけていただき、TOEICのスコアアップにも反映いただきたいと願っております。頑張ってください。応援しています!

PXT00003509960001

 


【関連記事】


当スクール代表 長本吉斉の書籍 Amazonにて好評発売中。
TOEIC試験対策におすすめです!

          


総合英語メルマガ by ARE代表 長本吉斉
基礎英語~TOEIC~TOEICのその先へ
学習法(勉強法)、問題演習、編集後記 etc 本気の方対象のメルマガばく進中!
TOEIC400点~TOEIC750点の方対象  *基本無料
ご希望の方は、プライバシーポリシーをご確認のうえ、ご登録申請をされたい E-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。
*TOEIC新形式対応音声解説教材好評発売中!


  

TOEFL・TOEIC特化型スクールARE
電話:東京 (03)-6454-0779
住所:〒164-0003 東京都中野区東中野3-8-13 ドーンビル8F
(JR中央線・総武線・都営地下鉄大江戸線からもアクセス便利。東中野駅徒歩1分。)

AREは、あなたのTOEIC・TOEFLのスコアアップのお手伝いと
一生使える英語の勉強法を伝授します。

Category: TOEIC, TOEIC対策スクール, 授業感想メール, 教室 | 新しく入校いただいたスクール生より授業感想メールいただきました はコメントを受け付けていません。
11月 9

TOEIC Part 5対策 前置詞をかじってみよう  前後判断編 その➁

 TOEIC問題,TOEIC Part 5対策,TOEIC Part 5攻略, TOEIC対策
★もっと問題に慣れておこう

今回は、TOEICのPart 5(短文穴埋め問題)の中の前置詞問題の続編のご紹介です。

時間のある方は、すぐに答えを見ないで、まずは自力でやってみてください。どれも基礎問題です。前回の同じ主題で扱った通り、前後判断問題とは、空所の前後、または文脈で、この場合はこの前置詞が最適だ、と判断できる問題を言います。

これは、この動詞が前にあるから、絶対にこの前置詞だというように決まっているという意味の問題とは異なります。慣用句系の問題ではありません。

例えば、We must keep up ——- the current trend.(我々は、現在のトレンドについていかなければならない)という文の場合、正解はwithしかありえません。keep up withという一つの形が 出来上がっているからです。

が、文脈判断と言うのは、空所に入る語句が決まっている問題ではなく、その文その文で入る前置詞が異なる問題を言います。

以上を頭に入れて、やってみましょう。

■実践問題2つ 制限時間は2問で1分です。

1.   To be considered ——- the overseas buyer position,
you must have at least three years of marketing
experience with our company.

(A) to
(B) on
(C) for
(D) by

2.  Benita Tophil Inc., is looking for beauty parlor
designers ——- extensive experience in creating
small salons.

(A) from
(B) for
(C) over
(D) with

★解答と解説

1.  文脈で考える前置詞の問題でした。カギはconsiderの意味とそれが最初に受け身   の不定詞になっている点です。この場合のconsiderは、「検討する」です。それが受け身なので「検討される」になります。空所の後ろはbuyer position(バイヤーの地位)なので、そのpositionのために検討されるためには、つまり、「その職を得るための選考対象として検討されるためには」が文意です。それが本文の「マーケティング経験が必要」につながります。よって正解は理由の(C)forになります。

文意: 海外のバイヤー職の選考対象になるためには、この会社で少なくとも3年のマー                      ケティング経験が必要です。

語句: overseas(海外の) at least(少なくとも)

2. Benita Tophil Inc., is looking for beauty
parlor designers ——- extensive experience
in creating small salons.

(A) from
(B) for
(C) over
(D) with

文脈で考える前置詞の問題でした。とある会社が、デザイナーを求めていると(looking for)。空所の後ろは、~experienceですから、「経験のある人」です。これを英語で考えると、こういう経験と一緒にいる人ということですから、正解は(D) withということになります。TOEICが好きな前置詞のwithですね。

文意: Benita Tophil Incは、小規模な美容室設計において幅広い経験を持った美容室
デザイナーを求めています。

語句:beauty parlor(美容室) gather(幅広い) create(作り出す)

 

TOEIC問題,TOEIC Part 5対策,TOEIC前置詞,TOEIC対策
■今度は演習問題をやってみましょう。制限時間は全部で3分半です。即判断しま
しょ う。正解は一つだけです。

1.  The concert tickets ( □from  □to  □for ) Ben Heart sold out in just one hour after
going on sale.

2.  Ambitious travelers who want most ( □to  □about  □from ) their trips should choose
Wonder Exploration Tours

3.  Many analysts predict that this year will become a fruitful one (  □at  □about   □for  )
Wisemack Computers.

4.  Sales of organic vegetables ( □from □on □about ) Nature Foods have doubled
within one year.

5.  Please bring the enclosed permission ( □with □for □to ) you when you come to
visit our factory.

★解答と解説

1.  The concert tickets ( □from □to □for ) Ben Heart sold out in just one hour after going on sale.

正解はfor。この場合、という人は、芸能人か演奏家か何かですね。この人のコンサート チケットということになります。ということは、この人ためのチケットということなのでforになります。

文意: Ben Heartのコンサートチケットは、発売後わずか1時間で売り切 れた。

語彙:sold out(売り切れた) go on sale(売りに出す)

2.  Ambitious travelers who want most ( □to □about □from ) their trips should choose                Wonder Exploration Tours.

正解はfrom。「自分たちの旅から最大を得たい」人たちというのが文意です。だからfrom。

文意: 旅を最大限楽しみたい野心家の方は、Wonder Exploration Toursを選ぶといい
でしょう(お選びください)。

語彙: ambitious(冒険心のある、野心的な)  choose(選ぶ)

3.  Many analysts predict that this year will become a fruitful one (  □at  □about  □for   )
Wisemack Computers.

正解はfor。Wisemack Computersという会社にとって、実りある年(fruitful one)ということですから、forになります。これも文意から判断します。

文意: 多くのアナリストが、今年はWisemack Computersにとって実り多き年になる
だろうと予測している。

語彙:analyst(アナリスト、分析家) fruitful(実りの多い) one=year

4.  Sales of organic vegetables ( □from □on □about ) Nature Foods have doubled
within one year.

正解はfrom。organic vegetables(有機野菜)とNature Foodsというお店の関係を一瞬で考えると、このお店からorganic vegetablesがくるのですからfromになりますね。これはおそらく小売り店であるスーパー側が、Nature Foodsという会社から仕入れて販売している感じです。

文意: Nature Foodsからの有機野菜の売上高らは、一年以内に倍になった。
語彙:double(倍になる)  within(以内に)

5.  Please bring the enclosed permission ( □with □for □to ) you when you come to
visit our factory.

正解はwith。~を持ってきてください、というのが文意で、英語で考えると、それは「あなたと一緒に持ってきてください」ということになりますので、正解はwithになります。

文意: 弊社の向上にお越しになる際には、同封の許可証をお持ちください。
語彙: enclosed(同封された) permission(許可証) factory(工場)

何問正解にできましたか?

忘れた頃にまたやってみてください。


【関連記事】


当スクール代表 長本吉斉の書籍 Amazonにて好評発売中。
TOEIC試験対策におすすめです!

          


総合英語メルマガ by ARE代表 長本吉斉
基礎英語~TOEIC~TOEICのその先へ
学習法(勉強法)、問題演習、編集後記 etc 本気の方対象のメルマガばく進中!
TOEIC400点~TOEIC750点の方対象  *基本無料
ご希望の方は、プライバシーポリシーをご確認のうえ、ご登録申請をされたい E-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。
*TOEIC新形式対応音声解説教材好評発売中!


  

TOEIC特化型スクールARE
電話:東京 (03)-6454-0779
住所:〒164-0003 東京都中野区東中野3-8-13 ドーンビル8F
(JR中央線・総武線・都営地下鉄大江戸線からもアクセス便利。東中野駅徒歩1分。)

AREは、あなたのTOEICのスコアアップのお手伝いと
一生使える英語の勉強法を伝授します。

Category: TOEIC, TOEIC Part 5対策, TOEIC 問題, TOEIC 文法, TOEIC対策スクール | TOEIC Part 5対策 前置詞をかじってみよう  前後判断編 その➁ はコメントを受け付けていません。
11月 7

TOEICスコアー500点から一気に200~300点アップするのは、現実的に可能なのか

TOEICスコアーアップ,TOEICスクール,TOEIC学習

TOEICスクールに通う3つの異なるタイプの人のアップ過程

AREには、様々な生徒さんが来られますが、伸びる速度は、人それぞれです。

全員が一律に一気に伸びるということは、あり得ません。TOEICは、誰でも頑張れば、スコアーアップできることは事実ですが、その速度は人によりけりです

今回は、AREスクール生に見られる、3つの人種をスコアーアップタイプ別にご紹介いたします。

それでは以下、学習開始時点のスコアーが全員500点だったという仮定でお話ししてみたいと思います。AREに通われる人の多くは、スコアー的には400-650点くらいの方が多いのですが、だいたいの平均で500点の人ということにしたいと思います。

TOEICは990点満点ですから、だいたい試験を受ければ半分程度は正解にできるが、半分はミスしてしまう。そんな人たちです。あなたなら、以下のA~Cのどのタイプに当てはまりそうでしょうか

A. ロケット型の人

このタイプの人は、だいたい3-4か月で、たちまち300点くらいアップしてしまう人です。つまりTOEICで800-900点をあっという間に達成してしまいます。こういう人は、

他の類の人たちと比べ、以下の点で違いがあります。

1. 包み隠さず申し上げると、彼、彼女らのほとんどは、高学歴です。偏差値の高い学校を卒業している過去があり、英語をしばらくやっていなかっただけな場合が多いです。但し、高学歴と言っても、理系となると話は別ですが。理系の方の場合は、語学はさっぱりという方も多いので、その点は、人によります。

2. 学習好き。基本的に何かを「知る」ことにすごく興味があります。

英語は語学です。語学とは、言葉の学習ですから、そこに興味があるというのは、

ものすごく有利です。

3. モチベ旺盛。スコアーを伸ばす、英語力をつけることに対する動機がはっきりしていて、将来像が描けている。何のためにやるのか、というのが曖昧な人は要注意です。はっきりとこうしたいということを決意している人は強いです。

4. 素直
斜に構えない。言われたことを素直に受け止める度量があります。こういう人の場合は、英語学習を習慣化するといったような意識は不要です。習慣化するまでもなく、自分でどんどん進めるためです。

TOEICスクール,TOEIC学校生徒,TOEICスコアーアップ

 

B. カメさん型の人

このタイプの人は、コツコツと努力できる真面目な人に多いです。但し、元々英語にはそんなに興味のあるほうではなかった、とか、英語が正直、苦手な方も多いです。

が、気持ち的にはTOEICのスコアーはきちんととっておきたい。いつなんどき必要になるかわからないから、と思っている人たちです。

このタイプの人は、タイプAの人ほど、グイグイいくわけではなく、一定のペースを保って学習を続けるタイプです。200-300点アップには、ある程度の期間がかかりますが、一度覚えたことはしっかり記憶するタイプなので、そのあとスコアー崩れを起こすことは少ない人たちです。

短期でマスターしたものは、短期で頭の中から消えてしまいますので、AREでは、大事なことは手を変え品を変えて、徹底的に頭にこびりつくように繰り返し指導しています。

 C.  マウント型の人

このタイプの人は、TOEICなんてコツさえつかめば2か月くらいで200点アップくらい軽いだろうと、高をくくっていた人たちです。この類の人は実際に学習を始めると、いかに自分が知らなかったこと、完全に忘却の彼方にあったことがたくさんあることに気づき、唖然とします。もちろん100点くらいは普通に勉強すればアップできてしまうのがTOEICというテストですが、200-300点アップとなると、話が違ってきます。

学習過程の途中で、まだまだ努力が足りない、知識のインプット、アウトプットが足りないことに気づくのが、このマウント型の人です。気づいてからは、タイプAやBに移行します。

今やTOEICで800点以上はとっていないと、転職などではアピールはできないのが当たり前とも言われる時代になり、700点前後で止まってしまう人の多くは、早かれ遅かれ、学習量がまだまだ足りないことに気づかされます。AREは、まだまだ努力が足りませんよ、と気づかせてあげるスクールを目指しています

英語学習を目標を持って進めていると、誰でも壁にぶつかります。その時に、諦めてしまうのは、それまでの努力を考えると、とてももったいないことですので、そこで踏ん張れるためにも、最初から「甘くない」と覚悟しておいたほうが得策です。

TOEICスコアーの200-300点アップは、ごくごく普通の日本の環境に育った方で、英語の環境がなかった人にとっては、すぐに達成できるようなものではありません。

じっくり取り組む覚悟でスタートしましょう。

 


当スクール代表 長本吉斉の書籍 Amazonにて好評発売中。

TOEIC試験対策におすすめです!

      


【関連記事】

AREはこんな学校です。

AREメソッドに基づく刺激的な授業

スコアーアップだけが目的のスクールではありません

その他のご受講生の初授業感想メールは、こちら。

「その授業に笑いはありますか?」

「TOEIC学習のヒント」

「TOEIC700点の人 vs 900点の人」


総合英語メルマガ by ARE代表 長本吉斉

Category: TOEIC, TOEICコラム, TOEIC勉強法, TOEIC学習, TOEIC講座, スクール生, 教室, 英語力アップ | TOEICスコアー500点から一気に200~300点アップするのは、現実的に可能なのか はコメントを受け付けていません。
11月 5

英語が苦手と言う人こそ丁寧に教えてくれるTOEIC特化型スクールに通うべき4つの理由

 

TOEICスクール選び,TOEICスクール ベスト,TOEIC対策スクール


★TOEICスクールを選択する際の4つの留意点

TOEICのスコアーをきちんととっておきたい。いつなんどきTOEICが必要になるかわからない。あーもっと英語をやっておけばよかったな。

こんな人は、いつの時代でも大勢います。

でも、英語学習、TOEIC対策は、思ったが吉日、いつからでも始められます。自分で英語の勉強をするのに自信がある人は、どんどん始めてしまいましょう。

一方で、自分の力だけでは今一つ、という己を知っている人は、背中を押してくれる人がいつもいてくれるスクールに通ってみるのも一考です。

でもスクールは千差万別ですね。今回は、そんなあなたに、当スクール(ARE)は、こんなことを考えながらやっている、ということをメインにお話いたします。

1. 基礎と実践を織り交ぜた授業
英語から遠く離れていた人、あるいは、一定の範囲の英語にしか触れてこなかった人にとっては、単なるTOEIC対策だけに絞り込んだ学習よりも、そもそもの英語の基礎からいろいろと教えてくれるスクールがあると便利です。しかし、英語の基礎項目は、けっこういろいろあります。各文法項目、ボキャブラリー増強、リスニングにおける英語の基本的な音のつながりなど、けっこう時間のかかる部分があることは否定できません。よって、一定期間、だいたい5か月から1年くらいをかけて、じっくり学べるスクールを選ぶというほうが、長い目で見て効果的です。同時にもちろんTOEICも伸ばしたいですよね。ということは、それらの二つを教材に織り交ぜてあるテキスト構成になっているほうが、一石二鳥です。AREでは、この点にかなりフォーカスしながら進めています。

2. きちんと見ていてくれる先生の存在
英語学習のメンターは、実は大人ほど、必要です。メンターなんて言うと大袈裟ですが、実は大人になってからの英語学習には、不定期でもいいので、直接アドバイスをしてくれたり、話を聞いてくれるような、英語学習上のちょっとした指導者が必要です。それはできるだけあなた自身に近い日本人であることが理想です。当たり前の話ですが、ネイティブスピーカーの先生は、母国語がそもそも英語なのですから、どんなにあなたが学習の難しさを感じていても、なかなか理解してもらえません。できるだけあなたと同じような環境にあった日本人の先生をお勧めします。メンターと言っても、人生の達人のような大袈裟な人のことではありません。あなたの英語学習の進歩状況をまめに聞いてくれるような存在です。そういう人がいるかいないかは、自身の学習継続にとって、とても重要な支えになります。心ってすごく大事なんですよ。

 

TOEICスクール,TOEICスクールベスト,TOEIC教材,TOEIC教え方,TOEIC通学

 

3. 教材の重要性
教材の質は大事です。教材には、2種類あります。「愛がある教材」と「とりあえず作った教材」です。見る人が見ないとわかりません。教材はどれも同じと思っているようでは、スクールを評価できません。使う人のことを思いやって、随所に違う角度からの問題を入れて、最適なポイントで最適な解説をするように組み立てられているかどうか。スクールで扱う教材は、自己学習用と同じではありません。英語スクールの教材は、通ってくる人のことを考え、常に改善されていかなければなりません。ガチガチに固定された教材をやるスクールは要注意です。教材は、常に改善されるべきものであり、教える側がそれに気づき、時がたつほど中身が濃くなっていくべきものです。

4. 学習強制力のあるスクールを選ぶ
大人になったら、ほとんどの人が勉強しません。勉強することが当たり前になるためには、習慣が大事になります。習慣を作るには強制力しかありません。スクールを選ぶ際には、必ず固定の曜日で通えそうなところにすべきです。基本的に毎週、同じ曜日の同じ時間帯に授業があることがベストです。いつでも通っていいという通学スタイルでは、残念ながら習慣は身につきません。もちろんどうしても欠席しなければならない時のためのサポートがあるスクールのほうがベターですが、基本的に毎週授業あるようなスクールのほうが身につく度合いは違います。

現代は、英語の知識だけ集めるのであればネットで十分です。学習方法論やちょうちん記事も溢れています。が、最後の最後に学習するのはあなた自身です。それを後押ししてくれるのは、アナログの世界です。他人に背中を押してもらい、強制的に学習する環境を整えて習慣づける。これしかありません。スクールに通うというのは、何よりも生の人間(講師)に直接目の前で教えてもらうことで、意識を変化させ、英語学習を習慣化する力があります。

考えてみてください。

 


【関連記事】


当スクール代表 長本吉斉の書籍 Amazonにて好評発売中。
TOEIC試験対策におすすめです!

          


総合英語メルマガ by ARE代表 長本吉斉
基礎英語~TOEIC~TOEICのその先へ
学習法(勉強法)、問題演習、編集後記 etc 本気の方対象のメルマガばく進中!
TOEIC400点~TOEIC750点の方対象  *基本無料
ご希望の方は、プライバシーポリシーをご確認のうえ、ご登録申請をされたい E-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。
*TOEIC新形式対応音声解説教材好評発売中!


  

TOEIC特化型スクールARE
電話:東京 (03)-6454-0779
住所:〒164-0003 東京都中野区東中野3-8-13 ドーンビル8F
(JR中央線・総武線・都営地下鉄大江戸線からもアクセス便利。東中野駅徒歩1分。)

AREは、あなたのTOEICのスコアアップのお手伝いと
一生使える英語の勉強法を伝授します。

 

Category: TOEIC, TOEIC勉強法, TOEIC対策スクール, TOEIC独学, TOEIC講座, スクール生, 教室, 英語力アップ | 英語が苦手と言う人こそ丁寧に教えてくれるTOEIC特化型スクールに通うべき4つの理由 はコメントを受け付けていません。