1月 23

TOEIC 独学かスクールか

TOEIC 対策 自分でやれる人

TOEIC800点を独学、半年で達成するの3つの肝

TOEIC独学 vs スクール
TOEIC対策の肝は、己を知ること。己が分かっていること。

今、あなたがTOEICで600点として、800点オーバーを3か月で達成するためにしなければいけない最初のこと。

それは自身を意識することです。

自分が独学でやれる人間なのか、スクールに通ったほうが回り道に見えて結局早いのか。この判断は、自分にしかできません。

ネット上で、どんなにたくさんの人の「スコアーアップ、短期で達成しました!」レポートを読んでも、それが自分にあてはまるとは限りませんよね。

そこで今回は、TOEIC勉強を独学で行い、短期間で800点以上をとれてしまう人の特徴をまとめてみたいと思います。対象設定を忙しい社会人とし、学生さんは除きます。

大事なポイントは、多忙な中で独学できるか。その時間を確保し、かつ、継続できるかです。

■TOEICを独学で高得点取れる人
1. 元々英語が得意であった時期がある人。苦手意識のない人。
人間、何かを達成する際に、「ま、なんとかできるだろ」と思えることは、大きな意味を持ちます。TOEICで800点を取るならば、
基本、英語が好きなこと。少なくても嫌いじゃないこと。これが
大事な最初の要素です。何とかなると思えないことは、結局なんとかなりません。英語に苦手意識がある人は、夢を追ってしまいがちです。気を付けて。

2. TOEIC対策勉強をする意味が「現実的に」ある人。800点を取れば、目に見える形で海外に行かせてもらえるとか、英語を使う部署に移動させてもらえるとか、そんな具体的な、目に見えている現実のある人。それでなくては、実際に参考書を開く気にさせなりませんね。

3. 自分で自分を追い込める人。世の中、自分を追い込めない人が9割と思ってください。何かを得ることはなにかを失うことです。TOEIC高得点のために、あなたは何を犠牲にできますか? ついついしてしまうネットサーフィン、ゲーム、その他のどうでもいい習慣をやめることも含まれます。こういう時間、バカにできませんよね。

TOEICで高得点を短期で達成するための、一番の敵は挫折です。あっという間にやらない日が何日も続いてします。ダラダラしてしまう。そして、そういう自分を許してしまう。この期間が長くなると、いつのまにかモチベーションは消えていってしまいます。さらに怖いのが、「別に明日すぐにTOEICの点数を見せなければいけないわけじゃないし」という悪魔の声。

なにせ一人でやっているのです。仲間がいるわけでもなく、定期的に誰かに励ましてもらうことはできません。

独学が怖いのは、知らぬ間に停滞してしまうこと。誰も叱ってくれなくても、「このままじゃダメだ」と自身を鼓舞できることが大事です。自分でなんとなく「勉強していない」ことを意識しつつも、時は残酷に過ぎて行くのです。

いかがでしょう。耳が痛いかもしれません。

でも、現実を知ってほしいのです。




当スクール代表 長本吉斉の書籍 Amazonにて好評発売中。

TOEIC試験対策におすすめです!
              


【関連記事】


総合英語メルマガ by ARE代表 長本吉斉
基礎英語~TOEIC~TOEICのその先へ
学習法(勉強法)、問題演習、編集後記 etc 本気の方対象のメルマガばく進中!
TOEIC400点~TOEIC750点の方対象  *基本無料
ご希望の方は、プライバシーポリシーをご確認のうえ、ご登録申請をされたい E-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。
*TOEIC新形式対応音声解説教材好評発売中!


  

TOEFL・TOEIC特化型スクールARE
電話:東京 (03)-6454-0779
住所:〒164-0003 東京都中野区東中野3-8-13 ドーンビル8F
(JR中央線・総武線・都営地下鉄大江戸線からもアクセス便利。東中野駅徒歩1分。)

AREは、あなたのTOEIC・TOEFLのスコアアップのお手伝いと
一生使える英語の勉強法を伝授します。



Copyright © 2014 ARE. All rights reserved.

Posted 2019/01/23 by TOEFL・TOEIC特化型スクールARE in category TOEIC, TOEICコラム, TOEIC勉強法, TOEIC独学, 教室