2月 20

TOEICに出てくる助動詞問題ってどんな問題なの?どういうふうに覚えておけばいいの?

 

TOEIC 前置詞

★TOEICでは、純粋な文法問題として助動詞が出題されるということは少ない。

結論から言うと、TOEICのスコアーアップにおいては、助動詞の重要度はかなり低めです。しかしそれは、助動詞を知っておくことが、重要ではない、という意味ではありません。基本項目として、助動詞の各働きについて知っておくことは大事です。

が、助動詞がPart 5や6に直接的に問題として出されることは少ないです。よって、TOEIC対策として助動詞を詳しく学ぶことは、大事ではないとは言いませんが、スコアーアップにはそれほど影響しないということは知っておいて損はないでしょう。

したがって、助動詞を詳しく学んでも、それは英語の基礎勉強をしている
と考えてください。

確かにこの本でも助動詞を扱っていますが、あくまでもTOEICに即した形でさらっと扱っている程度です。その辺をご理解ください。

ではTOEICに稀にでも出るとすれば、どんなふうに出るのか。それは助動詞の第一原則である「助動詞の後ろは、基本的には動詞の原形がくる」ということがわかっているかどうかを試す程度の問題です。まさに基礎。

たとえば、まずこんなセンテンスをみてください。はじめは敢えて簡単なセンテンスにします。

I will attend the meeting this afternoon.(私は今日の午後に会議に出席する予定です)

ここに原則、見えますね。「助動詞+原形動詞」です。will + attend。これがもしwill attendsだったら×ですね。こんな当たり前の問題が稀に出ることがあります。ただ、それでもそんな程度。助動詞には、もう少し高度な使い方ももちろんありますが、それらは出題されません。

たとえば、You should have attended the party last night.
should have+過去分詞。これは、「昨日のパーティーに出ればよかったじゃん」という意味です。相手の過去の行いに対する話者の気持ちを表すわけです。

が、こういった文が文法問題に出るということはありません。リスニング問題の中の会話文で聞こえてくることがあるかもしれませんが、それでも少ない。仮にこのshould have+過去分詞という表現が、例えば、Part 3やPart 4の問題のほうの選択肢の中に入っていたとしても(それも稀ですが)、それが正解ということは、まずありません。

よって、助動詞を詳しく解説してくれるTOEIC対策の教材があったとしても、それは英語力強化という意味の助動詞講座であって、TOEICスコアーアップに直接的にはそれほど関わらないつもりで学ばなくてはなりません。

では、改めて助動詞って何でしょう。それは読んで字のごとく、動詞を助ける動詞です。言い換えれば、動詞に少しだけ意味を加えて話者の気持ちを表すための単語群を言います。

具体的には、will, would, should, can ,could, may, might,must, shallです。
これらにはもちろんそれぞれ意味がありますが、繰り返しになりますが、これらの意味を分かっていなければ解けない問題が文法問題として出るわけではありません。

では、実際にはどんなふうに出るのか。AREのオリジナル問題から一問載せてみます。

Many economists believe that the manufacturing
industry could ——- from its enduring slowdown.

(A) recovery
(B) recovers
(C) recovering
(D) recover

こういうのを3秒で解決する問題と言うわけです。選択肢を見たら、Aから順に、(A) 名詞、(B)動詞にsが付いた形、(C) 動詞のing形、(D)動詞の原形です。答えは、簡単ですね。正解は(D) recoverです。前が助動詞なのだから、後ろは原形動詞。それだけです。この時にcouldの意味なんて、知っている必要はありません。couldが、過去に~できた、とか、現在のちょっとした可能性を示していて、「もしかして~」とか、丁寧な依頼のcouldとか(笑)。そんなの全て問題には関わってきません。これがTOEICの問題なのです。ちなみにrecoverは「回復する」という大事な動詞の一つではありますが。

今回は、TOEIC対策としての助動詞学習にちょっとしたスパイスを加えたく、書いてみました。頭の片隅に入れておいていただければ幸いです。


当スクール代表 長本吉斉の書籍 Amazonにて好評発売中。

TOEIC試験対策におすすめです!

              


【関連記事】


総合英語メルマガ by ARE代表 長本吉斉
基礎英語~TOEIC~TOEICのその先へ
学習法(勉強法)、問題演習、編集後記 etc 本気の方対象のメルマガばく進中!
TOEIC400点~TOEIC750点の方対象  *基本無料
ご希望の方は、プライバシーポリシーをご確認のうえ、ご登録申請をされたい E-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。
*TOEIC新形式対応音声解説教材好評発売中!


  

TOEFL・TOEIC特化型スクールARE
電話:東京 (03)-6454-0779
住所:〒164-0003 東京都中野区東中野3-8-13 ドーンビル8F
(JR中央線・総武線・都営地下鉄大江戸線からもアクセス便利。東中野駅徒歩1分。)

AREは、あなたのTOEIC・TOEFLのスコアアップのお手伝いと
一生使える英語の勉強法を伝授します。



Copyright © 2014 ARE. All rights reserved.