4月 14

TOEIC Part 7攻略開始の際に必須の認識とは?

TOEIC Part 7対策, TOEIC ボキャブラリー

Part 7は、いわゆる長文読解、長文速読と言われるパートで、TOEICの最後の締めのパート、最も苦しいところです。ここが得意な人は、とても少ないです。

時間切れで最後まで解けずに終わってしまう人が続出し、自分が付けたマークが正解かどうかなど、そもそも考えている余裕がないほど時間に追われるパートです。多くの人のスコアーが停滞するのも、このPart 7が原因であることに間違いありません。とにかく読む量が多すぎる、時間がなさすぎる。これから初めてTOEICを受ける人も、久しぶりに受ける人も、このことを常に自覚してください。

ここではまず初めに、そもそもTOEICの「リーディングセクション」と言われるところの問題構成の確認をしましょう。

★リーディングセクションとは、Part5-7までのことです。設問数は全部で100問。これを75分で解かなければなりません。単純計算すると一問45秒ですが、それはもちろん問題文を読む時間も入れてのことなので、ハードです。

■リーディングセクションの構成
Part 5(短文穴埋め問題) 30問
Part 6(長文穴埋め問題) 16問
Part 7(読解問題)
比較的短めの分から始まり、最後はメチャ長い文章を読まされます。
このPart 7には、大きく分けて以下の2種類の問題があります。
1. 一つの文書を読んで設問に答える問題—-29問
2. 複数の文書を読んで設問に答える問題—-25問
以上合計で100問です。

こうしてみるとPart 7だけで54問の問題を解かなければいけないわけですから、問題数だけで見れば、半分以上がPart 7になります。大きいですね。多くの人は、このパートで大きく減速せざるを得なくなってしまいます。このパートで500点から900点までの差が、際立つと思って間違いありません。

そこで人は自然、こう思うわけです。(なんとか早く読むコツはないものか)と(笑)

ある程度コツはあるのですが、そこに行くまでの前提条件が厳しいのです。

その前提条件とは、ズバリ、ある程度のボキャブラリー力があることです。当たり前と言えばそれまでですが、語彙力もないのに速読の方法があると思っている人がごまんといらっしゃるのが現実です(笑)

考えてみれば当然ですが、そもそも単語を知らなかったら、読み進めることは困難ですね。そこには、コツもなにもありません。

Part 7の速読は、単語に始まり単語に終わると思ってください。ですので、当スクールでは「ボキャブラリー増強」というクラスを設け、単語だけに特化したクラスを設けています。ここが基本ですから。
TOEIC学習、TOEICボキャブラリー, TOEIC Part 7対策
英語学習に強い人なら、独学の形で単語をどんどん増やしていけますが、実際、多くの人は、単に単語が羅列されているだけでは、右から左へ単語がスルーしてしまいます。そして、致命的なのは、その単語を眺めているだけや聞いているだけの学習になってしまい、結果、全然覚えてない、という状態になってしまうことです。

単語を覚えることは、多く語られているほど簡単なことではありません。そこには、何らかのインパクトが必要です。インパクトがあって初めて単語は覚えられるのです。ベストは、生の授業の中で、インパクトあるエピソードやストーリーなどと共にその単語を教えてもらうことです。時間はかかりますが、こびりついたら離れません。単語力をつけることは、英語学習を続ける限り、常に意識してください。

では、「ある程度の単語力はある」とは、どの程度のことを言うのでしょうか。

ちょっとテストをしてみたいと思います。以下の単語は、TOEICでは、常識的な、毎回お目にかかるレベルの単語です。このうちどれくらいをあなたは即答できますか?

Directions :次の単語の品詞と意味を言いましょう。一問10秒で即答しましょう。

全部で15問ありますから、150秒でやってみてください。口に出して言うだけで も構いません。

  1. registration
  2. participate
  3. employee
  4. grow
  5. permanent
  6. personnel
  7. personal
  8. successful
  9. investment
  10. currently
  11. opportunity
  12. diligent
  13. guarantee
  14. practical
  15. enthusiasm

ここで大事なのが、品詞も言えることですね。意味も曖昧ではいけません。

正解は、

  1. registration 名詞で「登録、申込」
  2. participate  動詞で「参加する」
  3. employee  名詞で「従業員、雇われている人」
  4. grow     動詞で「成長する、増える、栽培する」
  5. permanent  形容詞で「永遠の」
  6. personnel   名詞で「人事、人達」
  7. personal    形容詞で「個人的な」
  8. successful   形容詞で「成功して」
  9. investment   名詞で「投資」
  10. currently  副詞で「最近」
  11. opportunity 名詞で「機会」
  12. diligent   形容詞で「勤勉な」
  13. guarantee  動詞で「保証する」、名詞で「保証」
  14. practical   形容詞で「実践的な、役に立つ」
  15. enthusiasm  名詞で「情熱」

全部で15問でした。いかがでしたか。このうち、10問以上が正解であれば、ごく大雑把に言って、TOEICに対して「ある程度の単語力はある」と言うことができます。この中で、ほとんどの単語について、???だったり、即答が困難だったり、悩んでしまったりというレベルだと、現段階ではTOEICのリーディングに立ち向かうには、かなり厳しいレベルにあると言えます。

英語力の差は単語力の差
このことをまず肝に銘じてください。


当スクール代表 長本吉斉の書籍 Amazonにて好評発売中。

TOEIC試験対策におすすめです!

      


【関連記事】


総合英語メルマガ by ARE代表 長本吉斉

基礎英語~TOEIC~TOEICのその先へ

学習法(勉強法)、問題演習、編集後記 etc 本気の方対象のメルマガばく進中!

TOEIC400点~TOEIC750点の方対象  *基本無料

ご希望の方は、プライバシーポリシーをご確認のうえ、ご登録申請をされたい E-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。

*TOEIC新形式対応音声解説教材好評発売中!


TOEFL・TOEIC特化型スクールARE

電話:東京 (03)-6454-0779

住所:〒164-0003 東京都中野区東中野3-8-13 ドーンビル8F

(JR中央線・総武線・都営地下鉄大江戸線からもアクセス便利。東中野駅徒歩1分。)

AREは、あなたのTOEIC・TOEFLのスコアアップのお手伝いと

一生使える英語の勉強法を伝授します。



Copyright © 2014 ARE. All rights reserved.

Posted 2019/04/14 by TOEFL・TOEIC特化型スクールARE in category TOEIC, TOEIC 問題, TOEIC 英単語, TOEICコラム, TOEICスコアUP, TOEIC勉強法, TOEIC対策スクール