4月 23

TOEIC勉強法 大幅スコアーアップするための盲点 MIND UP 2か条

TOEIC学習法,TOEIC対策,TOEIC盲点,TOEIC伸びる人,TOEIC伸びない人


その人が言っていること、あなたに当てはまりますか

TOEICのスコアーを今のうちに大きく伸ばしておきたい。ごもっともです。対策勉強を始める前に、実際、どれくらいの率の人が何点を取っているのか、知っておいて損はありません。TOEICの平均点は、現在公式に発表されているところで見ると、2015-2017年のTOEIC公開テストで、だいたい580点です。このスコアーは、2025年ころになってもそうそう変わらないでしょう。その中で見ると、895点以上の人が全体の3.5%しかいません。100人中、約3-4人ですね。そして845点から890点の人が3.9%、795点から840点の人が5.5%です。いかがでしょう。

800点以上をとれる人たちは、果たして英語が元々得意な人たちか、そうでないか。言わずもがなですね。英語が嫌いな人、苦手意識の強い人は、甘い言葉に誘われる前に、厳然たるこの事実をまずは頭に入れておいてください。簡単に言えば、受験者の9割以上の人が高得点は取れないという現実です。700点以下の人は、考えないとですね。

そこで今回は、どこでも語られていない気を付けるべき盲点を2点だけに絞ってまとめました。マインドUP編として、ぜひ頭に入れてTOEIC対策に取り組んでください。

1. 人は、他人が劇的に短期でアップしたという言葉に弱い
2.「どうして私のスコアーは伸びないんだろう」と言う人、思う人

1. 人は、劇的に短期でアップしたという言葉に弱い
あなたはこんな学習対策本をみたことがありませんか? 「私は最初TOEIC300点でした。でも、頑張ったら、3か月で800点を超えることができました!!!」。「私は本当に英語のできない人間でした。こんなボクでも、、、がんばったら800点を達成できました」
なんとなんと、300➡➡➡➡➡➡➡➡➡➡➡800点!。マジ、スゲー!。スコアーの差が大きければ大きいほど、人は魅了されます。「あなたの年収を10倍にする方法」というのとどこか似ていないでしょうか?なんとなく(嘘くせえ)と思っていても、つい。惹かれてしまう人が。

でも、待って。現実に300点の人が800点に3か月で行くって、あり得るのか。あり得ないと言えません、もちろん。あり得るでしょうね。でも、なにか訳がありますね。いろいろなことが考えられますが、おそらく共通して言えるのは、その人は、元々800点にいく英語の素養はあった、ということです。

英語の素養がない人が短期で達成できるかと言ったら、難しいです。うん、やっぱり現実は現実として、仕方ないです。最初に600点あった人でさえ、800点になかなか届かない人もいます。どれくらい勉強したら、どのスコアーまでいったかにつては、ほんとにフェアーで公的な統計なんてありえないので、誰がどれくらいの英語のバックグラウンドで、かつ、本当にどんな勉強をして、800点までいったのか、誰も知る由がありません。よって、ここで提供できるのも、あくまでもAREの生徒さんの例になります。が、少しでも参考にしていただければ幸いです。

多くの生徒さんを見ていて、特に劇的にスコアーアップされる方は、以下の特徴があります。

1. 意欲旺盛
2. 勉強継続力抜群
3. 素直さピカ一
4. 講師の説明に対する吸収力尋常じゃない
5. 性格抜群

あの人、すごいですよね、と講師から絶賛されてしまう人ですね。どのスクールにも必ずいます。そういう人は、どこのスクールに行ったから伸びた、と言うのではなく、その人だったから伸びたのです。

TOEIC対策,TOEIC学習法,TOEICスコアーアップ,TOEIC対策

でも、世の中そんな人たちばかりではありませんよね。みんながイチローやカズにはなれません。よって、劇的にアップしました、という記事の場合は、どのウェブサイトの学習方法、どのスクールの記事を見ても、これを読んでいるあなたと同じような人なのかに注視してください。ある人が、「この参考書よかったよ」と言っても、それがあなたに当てはまるかはわかりません。逆に「私には合わなかった、あの本は」と言える人のほうが伸びます。自分なりのやり方を自覚できているということですから。なんとなく人がいいというから、この本を持っている、と言う人は、それで伸びているかどうかも考えてみてください。自分なりの方法が見いだせるかどうかが大事です。特に英語は様々な方法があるので。

2.「どうして私のスコアーは伸びないんだろう」と言う人、思う人

この問題は、古くて新しい問題と言うか。古くから存在し続ける問題というか。答えは簡単で、あなたが勉強しないからです。あるいは、勉強時間が少な過ぎるからです。TOEIC対策をなるべく効率よくやってしまおうと考えるのはいいとして、その「効率的」というところが、複雑です。効率的に対策して大幅にスコアーアップするためには、その人の素頭が良いことに加え、さらに英語的素頭の良さ、バックグラウンドがあって初めて「効率的」ということが実行できます。簡単に言えば、素質があるかないか。

一流のスポーツ選手の多くが、こう語っていませんか。「自分には才能があると思ったことはない」、「才能という言葉自体、嫌いです」。つまり、努力が才能に最後は勝つのだという強い信念です。TOEIC対策においては、努力とは、学習時間を指します。英語的素質がない場合は、それは時間量でカバーできます。時間という限られた資源を、どれだけTOEIC対策に投入できるか。これで大きなスコアーアップの差が出ます。

英語が嫌いで嫌いで仕方のない人ほど、「短期でこんなにアップしましたよ」という宣伝に弱くなってしまいます。なんらかの超特急な方法があるのではないかと思ってしまう。が、それを達成できるのは、先ほど挙げたような人たちのみです。自分はその類でないと思ったら、どこかで決断して、人生の一時期、TOEICに集中特化して学習しましょう。

まずは、一日10分でいいのです。それを1週間続けられたら、自分にご褒美をなんでもいいのであげましょう。それが少しずつ伸ばせるかどうかです。いっぺんに始めると、一気に減速してしまいます。ダイエットで言うところのリバウンドです。短期で得たものは短期で失ってしまいます。

AREは、その英語知識が一生涯続くように、他のスクールと比べて比較的長期でゆっくりやっていくスクールという面がある珍しいスクールです。もちろん短期で目標スコアーを達成する人もいますが、そういう人はよけいに学習意欲が高まってきて逆にもっと学びたいと思うのが通例です。

あなたは、どんなやり方で進めますか?


当スクール代表 長本吉斉の書籍 Amazonにて好評発売中。

TOEIC試験対策におすすめです!

      


【関連記事】

AREはこんな学校です。

AREメソッドに基づく刺激的な授業

スコアーアップだけが目的のスクールではありません

その他のご受講生の初授業感想メールは、こちら。

「その授業に笑いはありますか?」

「TOEIC学習のヒント」

「TOEIC700点の人 vs 900点の人」


総合英語メルマガ by ARE代表 長本吉斉

基礎英語~TOEIC~TOEICのその先へ

学習法(勉強法)、問題演習、編集後記 etc 本気の方対象のメルマガばく進中!

TOEIC400点~TOEIC750点の方対象  *基本無料

ご希望の方は、プライバシーポリシーをご確認のうえ、ご登録申請をされたい E-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンを押してください。

*TOEIC新形式対応音声解説教材好評発売中!


TOEFL・TOEIC特化型スクールARE

電話:東京 (03)-6454-0779

住所:〒164-0003 東京都中野区東中野3-8-13 ドーンビル8F

(JR中央線・総武線・都営地下鉄大江戸線からもアクセス便利。東中野駅徒歩1分。)

AREは、あなたのTOEIC・TOEFLのスコアアップのお手伝いと

一生使える英語の勉強法を伝授します。



Copyright © 2014 ARE. All rights reserved.

Posted 2019/04/23 by TOEFL・TOEIC特化型スクールARE in category TOEIC, TOEICコラム, TOEICスコアUP, TOEIC公開テスト, TOEIC勉強法, TOEIC対策スクール, TOEIC講座