1月 24

TOEICでよく言われることの真実を改めて考えてみよう

TOEIC言説,TOEIC対策,TOEIC公式,TOEIC勉強方法,TOEIC対策
TOEICに関する巷の言説

TOEICほどの有名なテストになると、TOEICを受けるんです、と言っただけで、世間の人は、 あーTOEICね、と言ってくるようになりましたね。就職のため、留学のため、進学のため、社内昇進のため、好きな部署に異動できるようになるため、TOEICは、大切な指標の一つとして存在しています。 今回は、そのTOEICテストのことで、よく言われていることを4つに絞ってお話しします。 さあ、以下、嘘かホントか。

1. TOEICのテストは、同じ問題が繰り返し出題されている

ホント。

たとえばあなたが1月に試験を受けて、今度は10月に受けたとしましょう。すると、「あ、この問題は、前にも出たな」という問題に会うことがあります。割合的には、2割前後になります(すべて同じだったら大変なことになる)。TOEICは、試験問題を持ち帰ることができないため、このようなことが可能なのですね。このようにすることで、その問題をどれくらいの率の人が正解、または不正解にするかを徹底的に集計して、より精度の高いスコアーが出るようにしているのですね。 では、同じ問題が出ることは、受験生にとって有利か。どうでしょう? 同じ問題が出たとしても前回の問題は、持ち帰れなかったわけですから、もしかしたら、同じ問題を同じようにミスしてしまっていることも考えられますね。

また、TOEIC受験者の全員が、前回受けた試験の問題を事細かに覚えているか。そんな暇な人はなかなかいませんね。よって、同じ問題が何度も出ることにどこまで意味があるかは、わかりません。ただ、知っておいて損はない。もし、記憶に残る問題があったら、試験後に自分なり調べておくことはできますね。

2. TOEICは、毎年、難化している

ウソ。毎年なんて、ありえない。
どんどん難化していたら、受験生もどんどん減るかもしれませんし(笑)。TOEICがますます難しくなっていると言うのは、何らかそのように言ったほうがいい人たちがいるためと考えましょう。また、今回のTOEICは簡単だったとか、難しかったとか、個人的な感想を聞いても意味がありません。それはあくまで、「その人にとって」なので。毎回、本当に難易度が変わって平均スコアーが大幅に狂ったら、それこそTOEICの信頼性が揺らぐ事態になりかねません。もちろんTOEICは、10年前のそれと比べたら難しくなりました(形式が変わり、読む量、聞く量が増えたのだから当たり前)。が、その後、ここ数年は、大きく言えばほぼ無変化です。問題そのものが毎回変わっているだけで、難易度は変わりません。従って、毎回満点を目指しているような一部のTOEICマニアの人たちが、「今回は簡単だった」とか「難しかった」と言っているのは、一般の受験者は無視してかまいません。

TOEICは、難しい人にとっては、いつの時代も基本的に難しいテストであり、英語ができる人とっては、常に簡単なテストです。

TOEIC学習,TOEIC対策,TOEICの誤解

3. TOEICは、リアルな英語とは、ちょっと違うところがある

ホント。 TOEICは、あくまで英語力を測るテスト。テストである限り、公共性が必要だし、一部の人しか わからないような専門用語があったり、映画に出てくるようなスラングがあったり、政治的な主張を支持(または反対)したりするような内容があってはなりませんね。なので、ある意味、お上品なテストです。汚い言い方は出せないし、悪口なども出せません。 例えばで言えば、大統領の弾劾裁判の話が出てくる可能性は皆無です。そもそもTOEICに出てくるpresidentという単語は、会社の社長やどこかの団体のトップを意味するもので、「アメリカ合衆国の大統領」という意味で出てくることは皆無です。

4. TOEICを3か月で200点アップさせるなら公式問題集を5回解け

ウソ。

TOEIC公式問題集を数回やるだけで、200点アップする人は全くいないとは言えません(当たり前)。そういう人は、いるでしょう。が、賢明なあなたなら、わかるはず。それは大多数の人ではありません。そもそも公式問題集は、TOEICに出るであろう、いろいろな問題が入っているのが最大の特徴です。一つ一つの問題には、それぞれ意図があり、受験者の英語力の「何か」を試しているわけです。それらが順不同に試されているので、その解説を読みながら、「フムフム、そうだった、そうだった」と片っ端から納得していけるのであれば、その人は、短期で抜群に伸びる素養を持っている人だと言えます。しかし、もし英語が元々苦手とか、苦手でなくても、しばらく英語から離れている人が、公式問題集「だけ」をこなしていくのであれば、それは「慣れる」ためだけと心得ておくとよいと思います。 そして、その公式問題集を解いてから、実際のTOEIC本チャンを受けてみて、出たスコアー。 そこからが地道な努力のスタートです。

以上、あなたのTOEIC学習のちょっとしたスパイスになれば幸いです。


当スクール代表 長本吉斉の書籍 Amazonにて好評発売中。

TOEIC試験対策におすすめです!

      


【関連記事】

AREはこんな学校です。

AREメソッドに基づく刺激的な授業

スコアーアップだけが目的のスクールではありません

その他のご受講生の初授業感想メールは、こちら。

「その授業に笑いはありますか?」

「TOEIC学習のヒント」

「TOEIC700点の人 vs 900点の人」


総合英語メルマガ by ARE代表 長本吉斉



Copyright © 2014 ARE. All rights reserved.

Posted 2020/01/24 by TOEFL・TOEIC特化型スクールARE in category TOEIC, TOEIC 問題, TOEICコラム, TOEICスコアUP, TOEIC公式問題集, TOEIC勉強法, TOEIC学習